2006年06月13日

【月】シムーン

◆ シムーン 第11話
〔視〕:○
〔評〕:★★★★★
〔公〕:あらすじ 
〔備〕:キャプ×1
〔感〕:共同戦線から見えたもの。

巫女として祭っているシヴィラたちとのコミュニケーションを通して得られた感情と戦場としてのシムーンの存在。そのギャップたるや、、、orz

神の名を語る殺人兵器ということをシヴィラ側、兵士側もお互い理解しつつそれでも戦わなければならない現実。そんな複雑な心情を今回はとても巧みに描ききっていました。

そしてあの少年は死にそうだ(えー

毎回こんな感じに仕上がってくれるとすんごく満足するんだけどなぁ。そうはいかないところがツライところです。
posted by xii。 at 02:18| Comment(0) | TrackBack(2) | 月曜日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

シムーン 第11話 「共同戦線」
Excerpt: シムーン   現時点での評価:2.5   [戦争]   テレビ東京 : 04/03 25:30   テレビ愛知 : 04/07 26:28〜   テレビ大阪 : 04/07 26:30〜 ..
Weblog: アニメって本当に面白いですね。
Tracked: 2006-06-13 05:36

シムーン 第11話「共同戦線」
Excerpt: シムーン 第11話「共同戦線」 フロエがメインのお話しです。
Weblog: 恋華(れんか)
Tracked: 2006-06-13 12:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。